Hunted By The Water

水と生き、水と遊ぶ.

ランカーボックスを肩掛け仕様にする!

●LUNKER BOX / Old Daiwa

f:id:junebugffff00:20191127084153j:image

ランカーボックスのDT-50。大きいDT-80には肩掛け出来るようにフックハンガー用のリング的なものが付いているけど、コイツにはナシ。まあ小さいので必要ないっちゃないのですが、あったらあったで便利!

 

で、そんなグッズを探してみたのですが、やはり強度が必要になるのでボルトで固定するタイプのモノしか見つからない(T-T)

ランカーボックスはヴィンテージということもあり、ジブン的に穴を開けるのはなるべく避けたい!

って訳でDIYですることに。傷付けないで付ける為になるべく強力な両面テープで付けることにしました。

 

 

・用意したもの
f:id:junebugffff00:20191127041621j:image

まずはベルトのフックを掛ける為のDリング。

ホームセンターでそれ用のが普通に売っていました☆

釣りはアウトドアなので当然サビ難いステンレス製のものに!強度もあります。


f:id:junebugffff00:20191127041637j:image
重要なボックスに付けるステイはAmazonで見つけたもの。

耐荷重は8Kgで、これまたステンレス製で3Mの超強力な両面テープが付いたものです。

 

・作成
f:id:junebugffff00:20191127041704j:image

フックにリングをかましてハンマーで閉じます。傷防止にマスキングして叩いていきます。かなり硬めなステンレスだったので強度的に大丈夫そうです! 


f:id:junebugffff00:20191127041726j:image

ちょっと傷付いてしまいました(^-^;

ポイントとしてはリングの可動域に余裕を持たすことですかね。ガチガチだとステイへ不可がダイレクトに伝わってしまい負荷が増してしまいます。それとリングが立ったままになるのはダサいですね。


f:id:junebugffff00:20191127041755j:image

くっつけてみました。

ポイントはもちろん中央に付けるのとなるべく上に付けてリングやハンガーフックがボディーに接触しないようにすることです。

理由は傷つけ予防とフックハンガーがボディーに当たってテコの原理でステイに負荷がかかるのを防止する為です。

 

 

■完成!
f:id:junebugffff00:20191127041813j:imagef:id:junebugffff00:20191127041834j:imagef:id:junebugffff00:20191127042228j:image

しっかり圧着し丸一日以上は待って完成です。如何でしょうか?? 良い感じに出来ました!

ステイはかなりしっかり付いたっぽいのでこれくらいのボックスなら大丈夫そうです。

これで、持ち歩きに便利になりました☆

 

 

以上になります<(_ _)>

 

 

 

 

Amazon

※注意

タイプを選択するようになっています!これとより強いタイプのものを選択する仕様なので気をつけて下さい。

ジブンが使用したのは小さい方の耐荷重8Kgタイプのものです。見栄えを意識した為です。よりセーフティにガッチリ付けたい方は大きいタイプでも良いかもしれませんね。


f:id:junebugffff00:20191127051654j:image

 

 

タックルボックス,オールドタックル,オールドルアー,バスフィッシング,釣具,ルアーボックス,カスタム,便利,ビンテージ,バス釣り,ショルダーバッグ,小型,コンパクト,モバイリリティー,

MOVIE http://youtu.be/pXRviuL6vMY